「ハドソン川の奇跡」観ました。

昨日観た映画は「ハドソン川の奇跡」。

命を預かる仕事、救う仕事をしている人たちのプロ意識と行動。
助けたいと思う人の気持ちと行動。
当たり前だと思ってはいけないとも思ったし、
けれど当たり前のようにいてくれることへのありがたさを感じました。

そして、そんな人たちが、これからもいてくれますように。
自分もそういう人になれますように。

そして「災難だった」ではなく「生きていて幸運だった」という
飛行機搭乗者たちの様子。
当事者になれば、そういう気持ちになるのだろうけれど、
人生ってそうなんだろう、と思いました。

そしてそのニュースを知った人たちが
本当にうれしそうに、感動していて。
タクシーの運転手が言った一言に、
ああ~って思いました。
「beautiful」

映画全体は、
凝りまくっていることを思いっきり感じさせるほど
押しつけがましくなく、
感動しろ、感動しろと言ってくるように
ドラマチックに描きすぎず、
展開も、映像も、流れるように、
そんなところが、上手いなぁ~って、
思ったのでした。
一言で言うと「わかりやすい」。
それって案外難しいものだと思うのです。
時間短めでした。

ちなみに、
メインは事故後の、
「国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる」
ところです。
http://eiga.com/movie/83990/
上に書いた感想ではまったくそこに触れてませんが;^^
とりあえず「おおおっ!」と思った、と書いておきますw

トム・ハンクスは
この映画の前の「ブリッジ・オブ・スパイ」も観ました。
こちらも実話、でしたね。

最近は映画はDVD借りて家で観ることが多くなり、
ほとんど感想書いてませんでしたが、
久々に書いてみました。




[PR]
by nanana665 | 2016-10-02 01:09 | 映画・テレビ

ふと思ったこと、心に残った言葉を書き留めていきます。


by nanana665
プロフィールを見る
画像一覧