カテゴリ:自分の言の葉( 109 )

通勤

通勤時間が長くて、
朝は6時10分台のバスに乗り、最寄り駅まで。
本当はもっと早く出て歩いて行きたいけれど、、
なんとなくやる気がでなくて。
少し贅沢をして特急に乗ることも。

23時には寝ないと、、

引っ越ししたいですが。

色々なことが少し遠くで近いところであって
Twitterとかでは、
言葉が飛び交う。
そういう時、本当に大事なことはなにかと
考える。
正解はない。
自分だけの結論を出していくだけ。

でも自分の結論を
人に押し付けたら、それはあきらかな不正解。
※議論を交わすことは良いことですが、
 それとはちょっと違うこと。


そんなことをぼんやり思いつつ、
何が大切かって考えたら、
自分の日々の生活と、遠くに住む家族と
ほんの少しの友達。

その次に、大好きな大好きなあのひと。
ムカつくこともたくさんあるけれど
キライにはなれない大好きなひと。

順番を間違わないように。
情熱的な自分と冷静な自分を
心にいつも。

本当に死にもの狂いで守らなきゃいけない時には、
必死になる。

[PR]

by nanana665 | 2018-03-13 06:42 | 自分の言の葉

反面教師

絶対的にいつも平穏な心でいることは
できないですが。

喜怒哀楽はちゃんと感じつつも、
言葉は態度は、自分を形作るものだから、
自分がこうありたいと思う、
優しい言葉を綴りたい。

ムカつくー!きー!って
思うことはあるけれど、
誰に何をどう伝えるか、
どこに何を書くか、
思慮深い人間でありたい。

どう生きるか、どうするのが
その人にとって自然で生きやすいかは
人それぞれ。

ただ、私は人を見下したり、偉そうにされたり
バカにされたり、口汚い言葉を見るのが、
とても苦手なので、(たとえ自分に対しての言葉でなくても)
私は誰かにそうしたくない。
それで良い。それが良い。

[PR]

by nanana665 | 2018-03-05 00:49 | 自分の言の葉

ぽっかり

2月1日からずっと、
胸にぽっかり穴が開いたまま
むなしさを感じながらも、
そんな風に感じる自分を責められているような気がして
なんとなく辛いという。

おめでたい日が、
とても悲しい気分の日になってしまった。
そんな風に感じることが、悪のように思うので、
ただただ必要なこと以外は、あまり発せずに
過ごしている。

この穴は埋まるのだろうか。
それとも、広がるだろうか。

「目の前にいるみなさん」には
あの場に行けなかった私は含まれていないのだろうか。
行きたくて行きたくて、行けなくて辛かったのに。
そんな風に感じる自分の心の狭さを感じて、
嫌で仕方がない。


いろいろなことが起こる、この世界の中で
こんなことはちっぽけなこと。

仕事を頑張って、
そして別の存在に励まされ、癒され、楽しみをもらって
そして、きっと変わらずに、あの人(子)を愛し続けるのだろう。

何をしても、すべてを肯定して愛しますではなく、
嫌なことがあっても、ムカついても、それでも愛します。
それはとても自分でも呆れるほどで。しかし理屈ではどうにもならない。

しかし、こんなことで大丈夫なのだろうか。
これからがスタートだろうから、きっとこれからなのだろうから
心配しなくて良いことなのだろうか、きっと。


[PR]

by nanana665 | 2018-02-15 09:52 | 自分の言の葉

朝日を

通勤で毎日早起き。
日が昇る前に家を出て、
電車の中で日が昇るのを見ます。
いつもそちらのほうを見るために、
ポジションは同じ。
その後に座れたらラッキー。

昨日は全く座れず、
約2時間立ちっぱなし。
乗り換える電車は遅延でぎゅうぎゅうでした。
でも最終的に、いつもとそれほど変わらない時間に到着。
前日の仕事が立ちっぱなしで疲れてたので、
辛くて朝からへとへとでしたが。
無事に1日を終えて。
夜はずっと気になっていた友達の話を聞けて、
更に心配ですが・・彼女が負担に感じないように応援したいです。

今日も日が昇るのを見て、
電車は座れました。
ラッキー。
座れないのが普通で、
座れたらラッキー。
うん。

[PR]

by nanana665 | 2018-02-08 06:47 | 自分の言の葉

あきらめることに慣れたい(良い意味で)

先週は、どうしても行きたかったイベントに
落選して参加できず、かなりへこみました。
終わった後でも、これからもずっと、
悲しいかもですが、
これからはこういうことが多くなるかもだから
慣れるためには良かったのかも?

行きたい!という気持ちをなくすのは
無理だし、
それを無くしたら、ファンじゃないし
悲しむのも羨ましがるのも、悔しがるのも
当たり前のはずなんですが、
それを声を大にして言うと、
わがままだと、
ファンじゃないと言われる不思議な世界。

ストレスをためないためには、
どうにもならないことについては
あきらめることに慣れたい。
まあいっか、と。
愛情が薄いみたいですけれど。

[PR]

by nanana665 | 2018-02-05 06:50 | 自分の言の葉

LINE

母親がLINEを覚えてきました。
お祝いもLINEで送ってきました。

想像するといつも泣きそうになるんだ。

この人がいなくなった時の悲しみを。

それ以上の悲しみなんて、きっと無いだろう。

生きていて。なるべく長く。幸せに。健康に。
ありがとう。

[PR]

by nanana665 | 2017-01-31 01:08 | 自分の言の葉

久しぶりの投稿

だいぶ、放置していました。このブログ。
久しぶりの投稿です。

誕生日が過ぎました。
あっという間に過ぎる日々。

何してきたかなぁと思い出しますが、
仕事してました、しか思い浮かばない。

大好きなあの方が、1年9か月過ぎて、除隊しました。
12月30日。
入隊中も2回会いに行きましたけれどね(イベントに)。

本人は長かったでしょうけれど、
あっという間過ぎて、長くもなく、
心変わりなんてする気も起きず、
あれ?もう?
みたいな感じでした。
おかえりなさい。
それから怒涛の活動が始まりました。

1月21日22日のソウルコンサート行ってきました。


さて、1月30日に誕生日を迎えましたが。
11月12月と、色々考えさせられることもあって
自分の不甲斐なさを実感して落ち込みつつ、
あの方の再活動に心も躍りつつ、
でしたが。

自分の精神力を鍛えないとと思うのでした。

馬鹿で弱くて
仕事は大好きで必死に頑張るけれど、
勉強が嫌いで頑張らない自分に反省して。

ダイエットしようと思いました←(笑)


がんばります。

誕生日ケーキ食べたので、
これからはしばらく、甘いものを控える。
たまに食べる←




[PR]

by nanana665 | 2017-01-31 00:51 | 自分の言の葉

当たり前に

頑張らないといけないことを
当たり前に頑張れるようになりたい。

[PR]

by nanana665 | 2016-09-30 01:09 | 自分の言の葉

この世で一番

言の葉ブログ再開しました。

大好きなあの方は、もうすぐ、12月末にお仕事を終えて帰ってきますが、
それまでは、のんびり・・・と思っていたのに、
仕事があまりに忙しくて、忙しくて、必死に働いてたら、
なんだかあっという間です。

帰ってくるまで、待ってるよ待ってるよと言い続けることも、ありですが、
帰ってくるまでに、自分の生活を見つめて、良いものにしていく、
心の支えとして、心の中で想い続ける、というほうを選んでいます。
毎日情報チェックは欠かさないですが・・・。

と言っても、
やり遂げようと思っていたことの、
半分もできていなくて、仕事ばっかり仕事ばっかりしていたので
あわわわあわ~です。




さて、今朝、バスに乗っていて思ったのです。
何年後かの自分を思い浮かべながら。


この世で一番、愛しているひとは。


母親。


この世で一番、大事なひとは。


母親。


この世で一番、死んでほしくないひとは。


母親。



いつか死んでしまうことを想像すると、
いつも泣きそうになってしまう。


会えば、発言に遠慮がないから
ムキーむかつく!って
なるのにね。



世の中の人みんな、想像もつかない悲しみを
経験しているのだね。
※一番愛しているひとは、ひとそれぞれだと思いますが。


あ、お父さん、ごめん。


f0131912_23485864.jpg

[PR]

by nanana665 | 2016-09-06 23:49 | 自分の言の葉

私の中のかみさま

だれでもできるけれど、
だれもやらないようなことを、
やらなきゃいけないと思って、やることにしている。

職場でほったらかしにされている大量の粗大ごみを捨てるとか。
そんなような。

簡単なことだけど、ずーーーと誰もやらないのは。
やらなくて良いことだから?
どうでも良いことだから?
やらなきゃいけないことさえ、気づかない。

忙しいからね。

わたしも、忙しいけれどね。

やるべきことは、沢山あるのだけど。


だれでもできるのに、
ほとんどの人がどーでもよくて、
たいしたことがないこと。
でもやるべきこと。
そういうことが出来ないのに、仕事ができるって言えるのかなぁと。
私はそう思うタイプで。


でも、ひとりで、せっせとやっている時に、
ああ、誰も感謝するどころか、
「あれ?なんか、きれいになってるなぁ、誰がやったのかなぁ」
みたいに思う程度のことを、必死にやってる自分に、
「何やってんの」と自分で突っ込みたくなり、悲しくなる時がある。


そんな時は、
私の中に神様がいるのをイメージして、
その神様が、身体の中から出てきて、
私の頭を「いいこ、いいこ」と撫でてくれるのを想像する。

うんうん、
私が言う、これは必要なことだと。
誰かが必ずやらなくてはいけないことだから。



f0131912_0262894.jpg




嫌味じゃなく、
鈍感であることが羨ましいと思うこともある。


でも、そういう性格だから仕方ないのでござる。


たまにそんなことで悩む、ちっちゃい人間でござる。
[PR]

by nanana665 | 2015-11-26 00:31 | 自分の言の葉