人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

3連休じゃない

おはようございます。
今日は仕事。3連休ではありません。
その分、平日に代休もらいますが。
東京は土曜日雪が降りましたが、
八王子は影響少なくて(珍しい)、何事もありませんでした。
夕飯を友達と食べに出かけたので、
次の日日曜は家に引きこもり。
体力とお金を使わない。

これからツアーがあり(好きなアーティストの)
お金かかりまくるので、、
なんとかしなくては、、、149.png

by nanana665 | 2019-02-11 07:02 | 日記

『目の見えない人は世界をどう見ているのか』読みました。

今年はもっともっと本を読もうと思うのでした。
でもなかなか進まない。

★『目の見えない人は世界をどう見ているのか』
伊藤亜紗著

こういう感想で良いのかわかりませんが、「面白かった」です。
障がい者の方を見かけたりすると、
自分も同じような立場になり得るんだよなぁと思い、
遠くから見て、何かあったら手伝おうっとと見守るのでした。
(出歩いている方たちは、たいていはご自分で歩いたり、
駅の職員さんなどにお願いしたりして、私の手伝いはいらなそうなのですが。)

どういう風に生活しているのか、ぼんやりとは想像するけれど、
実際はよくわからない。
不便だろうになんて思うけれど。

この本を読んで、すべてがわかったわけではなくて、
この本に登場する方たちはこういう風に世界を「見ている」ということがわかり、個々のお話だからこそ、リアルに感じて良かったです。(もちろん、目が見えない人にもいろんな方がいる)

目が見えている人には見えないものが、
見えているんだぁ。(生きるために発達して)優れているんだなぁということがある。

なんだか、ワクワクして読んでしまいました。

前向きに生きるということ。
それは目が見えなくても見えても大事なことですが。
ないものを求めて悲しむのではなくて、
今あるもの、できることを活かして、生きていくこと。
楽しむこと。
生き続けていくためには、それが必要なのだと思いました。


これから自分に何があるかわからないけれど、
何かあったとしても、その状況でできることを、
やれるようになるしかないのだ、と。
少し、ほっとしたような、勇気が出たような。
そんな本でした。

そして、障がい者の方々が
社会の仕組みや環境などによって「出来ないこと」が、
出来るようになる世界に、どんどん変わっていけますように、いきますように。




by nanana665 | 2019-02-07 18:24 | 読書

生き方

攻撃的な人、穏やかな人、静観している人、
他にももっといろんな人はいるけれど。
ツイッターは両極端な感じがする。

ファンの想い。
『ダメなところもあるけれど、悪いところもあるけれど、それでも好き。』
というのは、別に、何でも良いよとか現状で満足ですよ、という意味ではなく。

直してくれたら、悪いところも良くなったら良いとは思うけれど、
すべて思い通りにいくのが人生ではないし、
途中途中なわけで、
階段を登っていく段階で、100段目を目指して、今は頑張っている人に、
一緒に頑張ろうね、応援するね。
辛くて休むことがあるだろうけれど、下に落ちちゃいそうになることもあるだろうけれど、
そんな時には癒してあげられたら。なによりも元気に健康に生きてね、と応援する。
という「好き」である。


でも、時々まったく正反対のタイプがいる。
その人を好きなはずなのに。
嫌いなのかな?と思うほど、
あれはダメ、これはダメ。
直さなきゃ。がっかり。やっぱり駄目だね。
こうあるべきなのに。期待はずれ。ファンが減るね~とか。
という、本人たちにとっては「その人」が良くなるための意見なのだそう。

意見はあっても良いのでは~と思うけれど、
「過ぎる」と、どんな言葉であっても、読んでいるだけで辛い。
自分のことを言われているわけではないのに、なんだか辛い。
「言い方(書き方)」が辛いのかな。

そんなこんなを見ていると、
外から客観的に見たら、
ファンがこんな風なら、この人は使いたくないなって
業界の人に思われたりして、と思ってヒヤヒヤする。

そしてちょっと好きになった~という方たちが
その言葉たちをみて、
ぎょっとして、逃げ出してしまうのではという心配も。
(実際にあるでしょう。)


しかし。
色々考えるけれど
色んなタイプのファンがいることも、そのアーティスト自身の問題(?)なのだろう。
それで成長していくのか、つぶれてしまうのか、
その人次第。。

そして、自分がひとりでうんうん悩んでいても仕方なくて、
実際は彼は、たくさんの言葉を目にして、たくさんたくさん考えているだろうということ。

********************************
ファンとしての想いと書いたけれど、
結局はひとりひとりの生き方なのだろう。

家族や大事な人、友達、同僚、色々な人たちに
どうやって接しているのか、愛し方とか、何かを教える時とか。

いつも誰かを見下しているように思える人は
どうしてそんな風になったのかな?
でもそれが本人にとって「幸せ」「好きなこと」なのかな?
それなら、他人が非難すべきことじゃないのかな?
幸せとかじゃなくて、やるべきだ!言わなきゃいけないんだ!という
責任感、正義感なのよ!ということなのかな?

「言わなきゃわからない人」だと思っているってことでしょうか。

または、もしや、「自分が言えば変わるはず!」と期待しているということかな。


自分にとって「大事な人」がそれによって、
潰されてしまいそうで、不安になったりもする。
好きな人を守りたい。

甘やかすとかではなくて、
そういうことではなくて。

守りたい。
その歌声を。その存在を。



どうして良いかわからなくなり、
最後は
とりあえず自分は自分。

という結論に達するのである。

しかし何度も悩むのである。


そんなことより、
自分のことについて、もっと悩めよと、ツッコミもいれたくなる。


by nanana665 | 2019-02-07 16:58 | 自分の言の葉

久しぶりです

ずっとこちらのブログを放置してました。
生きてます。
日記として、また書いていこうと思い更新。
あっという間に1年過ぎようとしています。

今年の目標は、ダイエット。それが一番大事145.png
あとは本を読む。たくさん読む。


by nanana665 | 2019-02-06 08:54 | 日記